幸せのちから

「幸せのちから」2006年のアメリカ映画、ガブリエレ・ムッチーノ監督。ウィル・スミス、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミスステージアピアランス。実在するキャラクターのストーリー。メディカルケア器具のセールスマンとして働いているクリスは、なかなか器具が売れずに収入が少なくなってきた。サッチ時、あるカンパニーの見習いシステムをノウしチャレンジする。極貧のライフの屈辱や苦労と、ライフをギャンブルしたチャレンジのストーリー。ライフのサクセスにはショートウェイはなく、オーネストに一つ一つこなしていくことがペアインポータント。チャイルドとのライフをプロテクトしコンティニューするために、ライフを何とか上向きにするために、飽くなきチャレンジをコンティニューするクリスの姿が心に響く。ウィル・スミスは、シーリアスにマイセルフをビリーブしコンティニューするクリスを熱演。この映画は彼なしでは考えられない。そして、彼の実子、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミスとの自然なムードがすごくいい。ワークとライフ、そしてファミリー。グレートエフォートをアッドすることで徐々にいい巡りになって
いくステートと、チャイルドをなんとしてもハピネスだ。